単勝複勝の達人 TOP >  2011年11月

2011年11月

ジャパンカップの安藤勝己騎手の騎乗について

単勝 複勝の達人 第599号
――――――――――――――――――――――

単複の達人です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジャパンカップの安藤勝己騎手の騎乗についてどう思いますか?
というメールが来ましたので配信致します


さすがに東京コースであの位置からまくって勝てる程甘いメンバー
ではないことは安藤勝己騎手なら当然分かっていることでしょう


それでもペースを読んであそこで動いたのだから、それが最善だと
直感で感じたのだと思います


その判断をする時間はたったの数秒しかないはず、そのたった数秒
で判断した結果は正しかったのではないでしょうか


逆にあそこで動かなかった場合はどうなっていたかなんて私には分
かりませんし、今更そんなことを言ってもどうにもならないことです


ただ、安藤勝己騎手はあの位置からでもウインバリアシオンなら
勝てる可能性がある、と考えての行動だったと思っています


だったら有馬記念はオルフェーヴルということになるのでしょう

騎手の話をすれば今回有力馬に外人を乗せる事に抵抗を感じている
日本人騎手が意地を見せたレースでした
といっても地方競馬出身の安藤勝己・岩田康誠騎手ですが


戸崎圭太騎手が先日JRA騎手1次試験に落ちた訳ですけど、いつの間
にか2年20勝1次試験免除が2次試験免除に変わってますね


騎手会がそういう風にもっていったと何かで目にしました
スミヨン騎手も単騎免許の許可が下りないのも同じ理由だと


強い騎手、競走馬の能力をレースで発揮してくれる騎手の馬券を買
いたいというのは当然の欲求であるにも関わらず、ただでさえ閉塞
された競馬界でそんな行動をとる騎手にはうんざりしています


まず、腕を磨け、と言いたい


プロ野球選手になりたいと野球を始める人の数
JRA騎手になりたいと乗馬を始める人の数


現役騎手・リーディング上位騎手といっても、上記を見て分かる事
ですが、まず、分母の数が全然違います


プロ野球選手のトップの方とリーディング上位騎手
本当の意味でトップの技術力を持っているのはどちらかは明らか


まず、地方騎手が来ても平気だよ、と言えるくらい腕を磨け、
それがファンの為ではないのか、口先だけのファンの為はいらない

――――――――――――――――――――――

Posted by 単勝複勝の達人 | 2011年11月27日 23:38 | | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇賞の回顧

単複の達人です。


外国人騎手のワンツー決着となった天皇賞・秋


シルポートの1000m通過が56秒台となった時、
あぁ、ペルーサが勝ってしまうのか、複勝だけで
勝負したのにまさかここまでのペースだったとは、
前は総崩れだな、エイシンフラッシュは残念、や
はりルメールはこのコース相性悪いな


そんなことを考えて見ていました


馬券の的中は間違いないが単勝でよかったのか、
など考えながら最終コーナーから直線へ


ペルーサはやっとこ3着が精一杯という始末
人気薄でこのペースでこの騎乗とは、安藤勝己騎
手なら結果は違っていただろう

ちょうど今、ネクストを立ち上げてみたところ、
レッドディザイア引退というニュースが目に止まる
まぁ、今は関係ない話ですが・・・

ブエナビスタとローズキングダムとトゥザグロー
リーは最終追い切りを見て本調子ではないと判断


ペルーサとエイシンフラッシュの2頭の動きが非
常に良いと判断し、その旨を購入者のみに配信する


前回のメルマガ、あれでは達人がペルーサを推して
いると誰が見ても一目瞭然だ、達人ノート購入者と
無料メルマガとは差別して欲しい、特にG1では
というお叱りのメールがあったからだ

今回の天皇賞は特殊なペースだった


普通なら10馬身はちぎるハイペースだったはず、
しかしTVを見ているとそうは見えなかった


あのペースについて行った先行勢は普通なら総崩れ
でおかしくはない、ならエイシンフラッシュは相当
頑張っていると判断できる、ただ状態は良かったはず


決して本調子には見えなかったブエナビスタだが、
直線で前が詰まりながらあの末脚を繰り出し、ゴー
ル前では普通なら降着もんの斜行でカットされた
次走、最終追い切りの内容では無条件で消しという
訳にはいかなくなった


ローズキングダムは元々本調子ではないと判断して
いたのでこの着順でも全然問題なし、次走は人気落
ち必至なので狙い目はこの馬という事になりそう


トゥザグローリーもローズキングダム同様本調子で
はないと私の目には映った、なのに17番枠であの
走り、次走は今回程ではないがブエナ・ペルーサに
あっさり抜かれているという理由でそこそこの人気
に落ち着くのではないだろうか、最終追い切りの内
容によってはこの馬が本命になるだろう


ペルーサはジャパンカップ出られるのかな?
今回の内容で人気になるのは必至だろう、ただこの
騎手では次回買いたくはない

勝利したトーセンジョーダン、次走もその次も消し
としか考えていない


ダークシャドウは正直よくわかんない、ただ、強い
のは確かである、馬券を買うかというのはまた別の話

これが天皇賞の結果を見て各馬を判断した内容である

Posted by 単勝複勝の達人 | 2011年11月23日 19:38 | | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇賞の注目馬

単複の達人です。

これから配信する内容は先週の日曜日に書き配信
したつもりだったのですが、すっかり配信するを
忘れてしまっていた文章です


現在、私の思惑とは違うような人気になっていま
すが最終的には私の思惑通りの配当になるのでは
ないのかなと思っております


なんかもったいないので今更ですら配信します


菊花賞は前回のメルマガで誰もが強いと分かると
書いた馬同士で決着

人気2頭のワンツーでも複勝3倍は付くだろうと
期待していたトーセンラー、おそらく最内1番枠
が好まれて3番人気まで押し上げられてしまい、
複勝2.3倍まで落ちましたが利益分も含めきっちり
過去投資分を返してもらいましたので私としては
満足しております

天皇賞・秋の注目馬ですが、世間では昨年完勝の
ブエナビスタ、前哨戦を59キロで圧勝したアーネ
ストリーとローズキングダム、東京コース5連勝
ダークシャドウの順番で人気するとみています


宝塚記念の時にブエナビスタの馬券を買えるのは
宝塚記念まで、と書いたのを覚えている方はいる
のでしょうか?

秋には4歳勢が成長する、というのが理由でした
その考えは変わらず、私の注目は4歳牡馬です

その時のメルマガ
http://archive.mag2.com/0000175537/20110627010227000.html

おそらく1番人気のブエナビスタ、1週前の調教
動画を見ても驚異の末脚は健在に見える

決して衰えたようには見えない、がしかしそれを
上回る成長があると私は考えます

ブエナビスタに匹敵する程人気をするであろう
アーネストリー、確かに宝塚記念は強かったし、
オールカマーもカリバーンが勝利すると思ってい
ましたが、59キロを背負って他馬を子供扱いする
強さで快勝したのはついこの前のことである

宝塚記念にしてもブエナとエイシンの2頭で決ま
りだと確信していたのだが、G1戦を制すほど強
くないと思っていたこの馬がまさか頭に来るとは
想像もしていなかった

ここで前2走と同じレース運びができるのかと言
われれば、私の答えはノーである

ローズキングダム、この馬は強い、3歳の頃には
距離は1800mまでと正直思っていたがとんだ誤算
であったと認めなければいけない

前走は1頭だけ抜けて強いレースだった、アーネ
ストリー同様59キロをものともしないレースぶり
は成長したと認めない訳にはいかないだろう

さらにもう1頭、4歳の上り馬ダークシャドウ
東京コース5連勝ということで人気するのだろう
が、クラシックを賑わした連中とは1枚下の能力
というのが私の評価であり、ここで人気してくれ
るのは非常にありがたいことだと思っている

出走叶えば穴人気するであろうレッドディザイア
3歳時ブエナビスタと人気を分け合い秋華賞では
ハナ差押さえて勝利している、その時に私はブエ
ナビスタではなく、レッドディザイアを本命にし
ていたのだが、その時にレッドディザイアは3歳
牝馬では1枚抜けた存在であり、ブエナビスタは
2枚抜けた存在と位置づけをしたのを覚えている

いつだったのか忘れましたが、確かメルマガでも
書いているはずです、出走が叶ったとしても私の
目には止まらない存在です

ビッグウィークは4歳牡馬であり菊花賞馬ですが
皐月・ダービー組に比べ1枚下と判断しています

出走が叶えばダークシャドウよりも期待している
カリバーン、転厩が非常に好ましく、穴候補とし
て期待しています、もちろん3着までですが

もう忘れた方もいるかもしれませんがダービー馬
エイシンフラッシュが先に書いた馬達の次の5番
人気くらいになるでしょう

復調気配がうかがえるここ数戦から考えれば最も
怖いのがこの馬といえる、ただこのコースでルメ
ール騎手は達人ノートでは割引となっているのが
気になるところ

カワキタコマンドはカリバーン同様穴候補ですが
とうてい出走は叶わないでしょう

ゲシュタルト、前走内容から成長したと見えるが
この馬は昔から相手なりに走る馬という位置付け
であり、私は1度も馬券対象にしたことがない

トゥザグローリー、戦績を見てG1獲ってないん
だこの馬、と驚いた、池江泰寿調教師最後の花道
の為強行出走を余儀なくされた反動からの復調が
いつになるのかが焦点であり、能力は間違いなく
G1級であり、いつG1タイトルを獲っても不思
議ではないのだが、今回は人気皆無が予想される

1週前の調教動画の動きは微妙なところ、最終追
い切りの動画を参考にしたい、この馬が1番人気
でもおかしくないというほどの能力なのだが競馬
というのは分からないものでマスコミの報道で人
気なんてどうにでもなるものだという典型である

ミッキードリームは夏の上り馬の1頭ですが、こ
のメンバーでは2枚落ちと見ています、こんな事
を言っては陣営に失礼だが正直に申し上げれば、
レッドやカリバーンなどに譲って欲しいと感じる

ルーラーシップは残念の一言、安藤勝己騎手なら
この馬で勝負と思っていた

最後の4歳馬ペルーサ、トゥザグローリー同様今
回相当人気が落ちると予想される馬、達人ノート
では1番目に推奨されるというデータ上では最も
期待できる馬、ただ様々なデータからどうしても
1着は難しいと出てしまう、しかしブエナやアー
ネストリーが飛べば複勝でも軽く5倍は付くはず
であり今回ほど美味しい配当をこの先この馬では
お目に掛かることは絶対にないと感じる

父ゼンノロブロイがこのレースで開花したのはま
だ記憶に新しい

Posted by 単勝複勝の達人 | 2011年11月23日 10:42 | | コメント (0) | トラックバック (0)

お問い合わせ

管理人:単複の達人
関西人
競馬歴:20年

当サイトに関するお問い合わせは、
ここをクリックしメールして下さい 海外ドラマゴシップ

サイトMENU

Copyright (C) 2007 単勝複勝の達人. All Rights Reserved.